Loading...

株式会社 勝毎光風社

株式会社 勝毎光風社

実績紹介

RESULTS

  1. ホーム
  2. 実績紹介
  3. 十勝小唄
「ランランラントセ・・・」歌声響く
 十勝小唄は1927年、狩勝峠が「日本新八景」に入選したのを記念して、十勝毎日新聞社の創設者・林豊洲が作詞し、山田耕筰氏に師事していた小松教祐氏が作曲して完成しました。
 十勝の創作民謡の草分けとして広く歌い継がれています。74年に振興保存会が結成され、75年からは「おびひろ平原まつり」に合わせて、毎年、全国大会を開いています。
 76年に十勝小唄制作50年を記念し、狩勝峠展望台に歌碑が建立されました。2004年には、のど自慢大会30周年を記念して十勝小唄名人位を創設。
 おはやしの「ランランラントセ・・・・・」は、アイヌ神謡の枕詞「シロカニ ペ ランラン・・・コンカニ ペ ランラン・・・」(銀の滴 降る降る、金の滴 降る降る)を取り入れたといわれています。